探偵業界の実態

探偵という職業は世界に男女が存在する限り、またジェラシーや妬み、悪意の行動がなくならない限り絶対にニーズのある職業だと思っている。

また好況、不況にも大きく左右されない。

確かに依頼される側が企業などの場合、正直、好不況に左右される調査もいくつかはある。

法人信用調査、採用調査等は典型かもしれない。

不況下にあって業績も悪化しているのに取引先を増やそうと考える人は少なく、新規にしろ中途にしろ採用者を応募をする企業は少ないからである。

ただリストラに関する調査や社員の素行調査が増える場合もある。

しかし、個人からの依頼が大きく不況に左右されることはない。

不況だから浮気、不倫をしないという人は少ない。

確かに男性の浮気は少なくなるかもしれない。

不況によって小遣いが減らされ、浮気の出来る環境が失われることもあるが不況により夫婦関係が悪化したり、妻が働きに出るケースも多くなり、妻が別の男性に走ると言うケースも増えてくる。

特にこの様な浮気調査は探偵事務所にとって高利益をもたらしてくれる調査であり、ほぼ全ての調査会社は競って浮気調査専門などと広告しアピールしている。

不況だから結婚をしないという人もいない。

人の愛情についても好景気、不況も関係はまったくないのである。

不況になれば結婚詐欺などの犯罪も増加してくる。

そういった意味からも結婚調査は必要なのである。

不況だからこそ仕事でのトラブルなどで家出をする人も増加する。

また貸借関係での返済が出来ずに夜逃げしたり、音信を途絶える人も後を絶たなくなる。

意外にも人探しや家出調査も不況時には増加することもある。

更に悪意の行為である。

子供のいじめ問題、嫌がらせ行為、ストーカー行為、各種ハラスメントなど悪意を持った加害者に対するこれらの対策や調査についても同様に好不況はまったく関係ないのである。

結果的に浮気調査、結婚調査、所在調査、家出調査などが増えてくるので好不況に左右される事は少なく、世間が好景気で浮かれていても暇な時もあるし当然、不況の時でもかなり多忙となり、利益が好調の時もある。

世の中、上手く出来てはいる。

一応、探偵業界にも手を差し延べてはいるのだろう。

但し、個人の依頼人の場合、リバイバル(再依頼)が少ない。

企業からの依頼は再依頼されるケースが多い。

この調査はあの探偵事務所に依頼したらきちんとした調査をして貰ったから又この探偵事務所に依頼しようという形で何度も利用して貰える。

いわゆる専属契約的にリバイバル依頼があるのである。

しかし、個人調査の場合、こうはいかない。

浮気調査をして結果が得られた配偶者がまた浮気するとは限らないし、もしかしたら離婚し独り身になっていたら浮気調査もない。

また夫婦間の恥部の件なので同じ処に依頼するのは恥ずかしいと敢えて避ける依頼人もいるとも聞く。

結婚調査も同様である。

調べた結果、大きな問題もなく、結婚した人が更に結婚調査を依頼する人は少ない。

せいぜい、兄弟のいる人が以前、兄の時に結婚調査を頼んだので今回の妹の際も調査して欲しいというケースであったり、前回の調査で懸念が確認され、結婚が取りやめとなり、再び別の人との縁談によって調査してくれる場合であるがそんなに多くはない。

しかし、企業からのリバイバルに比べたら極端に少ないのである。

探偵の良し悪しはいかに様々な情報を入手出来るかにかかっていると言っても過言ではない。

東京などの大都市では探偵事務所などの調査会社は大小合わせ数百社あると言われている。

尾行、張り込みの素行調査から聞き込みなどの内偵調査に他社と比べ、どれほどの違いがあるかは正直言って「どんぐりの背比べ」である。

確かに高感度カメラやGPSなど最新機器を揃え、他社との比較を強調している会社もあるがその点は各社それぞれ企業努力はしていることである。

聞き込みなどは経験がものを言うもので実績の多さが違いと言われるがそれなりの経験を有していればさほどの違いは出てこない。

ところが様々な情報を入手することができるか否かが大きく左右してくるのが探偵業界である。

他社で調べられない情報が得られるとなるとそれは強力なセールスポイントとなってくるもので、専属的なデータ会社を数社知っていることは最大の強みなのである。

実際にその情報を求め、多くの同業他社がデータ会社に調査を依頼してくる事も多いと聞く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする