経験豊富なプロの探偵による調査

依頼者にとって有益な情報を調査によって取得し、調査報告をもって依頼者から報酬を受け取る職業が探偵と言えます。

このような探偵の基本的な業務の流れは長い間にわたり変化はありません。

そして、法規制により実施できる調査範囲が数多く限定される現代においても「探偵が社会の中で請け負う役割」にも変化はありません。

経験豊富なプロの探偵による調査

探偵業界の社会的評価が高くない現代社会において「依頼者に誠意ある調査を提供する探偵」は限られていると思います。

探偵としてこなせる調査の種類や対応可能な難易度は「探偵事務所単位で実力が異なる」であろうということです。

もし、あなたの抱える問題が根深く「簡単に調査結果を得られない難易度が高い」ケースでは、依頼した探偵次第で調査結果が大きく異なることも考えられるのです。

そうです。探偵事務所を選ぶ重要度が高いことにお気付きになられたことでしょう。

この部分を抜きにしての抱える問題解決は、本来あり得ないと判断できるのです。

考え方が異なる方には「探偵の調査力など似たり寄ったり」とお思いになるでしょうが、過去に多くの案件を手掛けている探偵と経験が浅い探偵を比較したならば多くの場面で判断が異なり、持ち帰る情報量も探偵個々で異なることが現実に発生するのです。

衰えや能力の減退をカバーする探偵たち

ある一定の年齢に達した人物は探偵としての自身の能力は日々後退すると考えられます。探偵として働くために必要な視力や記憶力・判断力や体力は年齢と共に減退することが常識的なのです。

この点においては探偵という職業を継続する上で「個々に衰えを補う努力」が必要となるものなのです。普段から自身が探偵であると公にしている人物がこの点において全く努力していない人物ならば「調査を実施しない探偵」という立場にある人物なのでしょう。

そして、日々「依頼人に結果をもたらさなければならないプレッシャーのある立場」では無い探偵だと言えるのです。

そんな探偵は存在するのでしょうか?

個人的に私が知る優秀な探偵たちには「夜遅くにBARでお酒を飲んでいる探偵」や「自身の能力を維持する努力を怠る」などの人物は存在していません。

視力や体力に関しても業務に支障が出ないように準備を怠りません。

昨今の現実の探偵は「喫煙者が極めて少なくなった」と感じています。それだけ喫煙によって起こり得るリスクを認識している人物が増加しているということなのでしょう。

大人の嗜好品をどうこう言うつもりはありませんが「自身に最適な選択がある」ならば進むべき道は既に決まっていると思えるのです。

一つだけ言えることがあるならば「気力の無い人物」はすべてにおいて流された選択を選んでしまうということでしょう。そのような人物は最初から探偵には向いていないと言えるでしょうね。

探偵にトラブルはつきものです

探偵にトラブルはつきものです。

このようなことは長く探偵業務に従事していると当然のように訪れます。

調査を実施した調査対象から逆恨みされる職業に従事している認識がない探偵ははっきり申し上げておめでたいと言えます。

経験不足で理屈ばかりの探偵は口をそろえてこう言います「依頼人が悪い」と。

確かに依頼人が洗いざらい調査対象に伝えてしまえば逆恨みされても仕方ないでしょう。

そして、依頼人と探偵は恨まれる「共同体」とも言い換えることができるのです。

しかし、探偵の業務は機械的に処理されるわけではありませんので「依頼人に助言」し想定されるトラブルを考慮する「探偵としての余裕」が必要と考えるのです。

何事も人のせいにするのではなく気使いや配慮でカバーできることがあれば回避したいものです。

調査の腕が良い探偵の報告する調査結果には鮮度がある

御依頼人は確実でスピーディーな調査を希望し「調査費用に見合った調査報告」を期待されます。しかし、探偵目線から判断するならば、調査を実施するタイミング次第では、結果は生もの同様であり、「調査結果には鮮度が存在」すると考えております。

調査を実施するタイミングに関わるお話しなのですが、依頼人が不可解に感じる感情下で探偵に調査依頼するとします。

しかし、探偵による調査がタイミング悪く着手され、思うように進行しないため結果が出せずに時間や期間が必要となってしまうとしましょう。

ご依頼者にとって不可解に思えていた感情は時間と共に変化が表れ、探偵に依頼した情報がやっと得られた時には「あ、もうそれいいや」という状況も考えられるのです。

このようことから判断できることは「依頼者の感情と調査結果の鮮度が同調している」ということなのです。

当然ですが依頼人の置かれた状況が時間と共に変化することは当たり前の出来事ですから、探偵の調査が遅いということが結果的には「調査結果の鮮度を下げる」(調査結果が依頼人にとってタイムリーではなくなってしまう)ことになってしまったと言えるのです。

このような状況が頻発する探偵に調査依頼をする人物は少ないことでしょう。そして、スピーディーでロスの少ない判断を下せる「腕の良い調査が可能な探偵」に調査を依頼し有意義で鮮度の高い情報報告を得たいと考えるものなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする