探偵が行う行動確認調査は調査手法の要

浮気調査を得意とする探偵は数多く存在します。それ程、探偵の仕事の中で浮気調査が占める割合が高いという事なのでしょう。

そして、最も基本的な業務とも言える浮気調査の腕が良い探偵は「素行調査が得意」とも言えるでしょう。探偵が実施する調査は大きく分類しますと「行動確認」と言われる実働調査の分野に「浮気調査・素行調査・動静調査」などが存在します。探偵が事実を確認するために尾行等の手法を用いて行動を明らかにする行動確認は、多くの場面で活用される調査と言えるのです。

当社が実施します各種「行動確認調査」は調査目的に応じて様々な項目が御座います。ご依頼された調査案件によって調査項目が異なり、男女問題に関した行動確認調査は「浮気調査」と呼ばれ、離婚問題に必要な浮気の証拠取得なども総称して浮気調査や不倫調査という項目で呼ばれています。その他の行動確認調査で代表的な調査が「素行調査」と言えます。多くは会社の取引先に関した人物の素行調査や、社内情報がライバル他社にリークされていないか重要ポストの人物の素行調査を実施するなどが一般的な素行調査と言えるのです。

当社で実績のある行動確認調査を各種ご希望される皆様(個人・法人)には事前に重要事項のご説明が必要となります。お手数では御座いますが、当社専門の相談員と面談していただき「調査理由・調査手法・調査期間・調査のお見積り」を事前にご説明させていただき調査委任契約を結ぶことが法律上義務となっておりますのでご理解ご協力をお願い申し上げます。もちろんメールやお電話でのご相談も承っておりますのでお気軽にご連絡ください。

当社の行動確認調査は不安や疑念を解消する

行動確認調査が必要な問題は世間に数多く存在します。何故、これほどまでに「人の本質」を知ることが必要となるのか?探偵である我々の目線から申し上げるならば「感情の中に存在する不安が解消されない」ことが多くの悩みの原因となっているのです。当社の各種行動確認調査を利用される方々の多くは「不安や疑念を持ってご相談される」と言えます。プライベートな出来事の疑念が原因の方もいれば、仕事上のお悩みが原因でご相談される方もいます。人は置かれた立場や環境で大きく価値観が異なるものなので「他人には些細に感じることであっても悩んでいる当人にしてみれば大問題」というケースも珍しくないのです。

恋愛に関して申し上げるならば「相手の感情や真意を知る」ことは困難と言えます。多くの時間を共に行動する男女であってもやぶさかではありません。「わたしと一緒ではない時間帯のパートナーはどのような人物なのか?」などの感情に日々支配される人物も存在し、日常的に深く悩みを抱えた状況に身を置いていると言えるのです。このような状況は「健康的な日常とは言えない」と皆さん認識されることでしょう。そして、長期間にわたり深く悩み疑念を持つことが心に与える影響を考慮するならば解決手段を模索し解消する方向性に一歩一歩行動することが重要と探偵は進言する次第なのです。

プロの探偵が実施する行動確認調査

当社に在籍する調査員は「探偵を本職とするプロ」以外に存在しません。安定した調査を提供するという意味でも過去のご依頼者の満足度は業界内でも高いと自負しております。探偵にとって行動確認調査は基本的な調査でありながら「ミスをしない調査を繰り返す」部分が重要な調査と言えます。イージーミスをしない「的確な調査」がベースにあることが調査全体の成功に大きく関わると言えるのです。

不可能を可能にする探偵は現実に存在しません。

ですから、可能な調査をミスなくこなすことが「優秀な調査を実施する探偵」と言えるのです。稀に悪質な探偵は不可能な調査も依頼として請け負うと聞きます。当然ですがこのような探偵に相談し依頼してしまうと「結果の出ない調査を実施」することとなってしまうのです。無駄に時間と費用だけが費やされてしまい、ご依頼者が期待する報告は得られないと言えます。プロの探偵はご相談時点で可能な調査であるかの判断を誠意をもってお答えします。プロの探偵に相談出来れば「相談している案件がどの程度の期間を要し、必要とする結果が得られるか」概算での見積もりを含めてご提案が可能となるのです。悪質な探偵とプロの探偵では大きな差があり、ご相談時点で判断が可能と言えるのです。

当社に在籍するスタッフは全てプロフェッショナルな人材で構成されております。

ご相談業務を実施するスタッフに関しましても「現場での調査経験豊富なスタッフがご相談に対応」させていただきますので、無駄な調査等のご提案は一切ございません。そして、誠意をもって「最も確実でスピーディーな判断をご提案」させていただき優良な業務を提供する探偵として各種調査をご提供しているのです。

トラブル解決に必要なキーマンの特定や証拠収集

探偵業界内では行動確認調査を略して「行確」と言います。調査対象である人物の行動確認を実施し、ご依頼者が懸念する事実が存在するか?確認する調査となります。多くの探偵や興信所は、この行動確認調査を実施し生業としていると言えます。調査を実施する手法は主に尾行や張り込みによる情報収集となり、調査目的によっては長期化する調査案件も存在し「現場で調査を実施する探偵の手腕が問われる調査」とも言えます。長期化する情報取集が必要な行動確認調査は主に「証拠収集」や利害関係や損害を与えている人物の特定などが目的として実施されるケースが数多く存在します。法人様が行動確認調査を利用されるケースなどは特に「多額の利益や損害に関わる調査」であるため調査目的もシビアになり、難易度の高い行動確認調査が長期間にわたり実施されるのです。ライバル他社のヘッドハンティングにより有能な人材の流出を阻止したいなどの理由で「自社の人材情報をヘッドハンティング会社に流している人物の特定」などは重要な調査となります。社内調査だけでは浮彫にならない退社後の行動確認が必要な社員の調査などのニーズは極めて高いと言えるのです。