若い女性や主婦、お年寄りの探偵もいる?

探偵というとやはりイメージとしては男性ですよね。

しかし最近では若い女性や主婦の探偵も増えてきているようです。

例えば、浮気調査で女性を尾行しなければいけない場合、女子トイレや更衣室などに入られてしまうと、男性の探偵はそれ以上追うことはできませんよね。

また女性用ファッションのお店や女性が好みそうなおしゃれな飲食店などでは男性が1人でいると非常に目立ってしまいます。

そういう面もあり、もともと数の少ない女性探偵のニーズが増しているのです。

そして女性クライアントが浮気調査や身辺調査を依頼するときには、圧倒的に女性の相談員をリクエストするそうです。

確かに旦那の浮気や自分の浮気、性被害といったプライベートに関わることを男性に話すのは躊躇してしまいますからね。

某大手調査会社では、このニーズにいち早く目をつけ、女性の相談員を数多く導入し業績を上げています。

また中年女性は「話し好き」「噂好き」というイメージがあり、親しくない人に根掘り葉掘り聞いてもあまり怪しまれないというメリットもあります。

地域のおばさんのコミュニティは沢山の情報持っていますが、ここに男性が入っていて情報を引き出すのは至難の技です。

しかし、同年代の主婦であれば輪の中に入っても違和感がありません。

このような特性を利用してきめ細かい調査を行い、莫大な収入を得ている主婦探偵も多くいます。

一見すると、どこにでもいる普通の主婦で「え?この人が?」と驚くような人であることが多いのですが、だからこそ探偵として威力を発揮するのです。

若い女性の場合、男性に色仕掛けを使って情報を引き出すこともあります。

例えば、ちょっとモーションをかけて男性に期待させ情報を聞き出す器用な女性もいます。

この色仕掛け作戦が使えると、今まで誰が行っても全く取りつく島もなかった人物から思わぬ情報を引き出せたりします。

このような体を使った作戦が使える人材は貴重です。

また、若い女性、主婦だけでなく、お年寄りの調査員も存在します。

女性しか入れない場所はあるのと同じ理由で高齢者でないと違和感があるという場所もあります。

例えばゲートボール場や病院、健康ランドといった場所ですね。

このように調査会社は調査内容によって多種多様な人材をそろえなければいけません。

あらゆる人材が豊富な調査会社は仕事が早く、その内容も信頼がおけるものです。

調査を依頼するにしろ働くにしろ、そういった仕事のできる調査会社を選ぶことが大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする